浅間高原ウインターフェスティバル

<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

浅間 黒斑山に登っちまった! Part3

こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。
ついに!念願の浅間山・黒斑山に登ったんだよ!浅間高原の兄ちゃんたちと一緒に、嬬恋村インタープリター会のベテランガイドさん達に案内されて登ることができたんだ。

Jバンドと呼ばれる断崖絶壁を岩をよじ登っていくと目の前に現れたのは、嬬恋、北軽井沢を一望する大パノラマ。浅間高原の兄ちゃんたち「スゲー!スゲー!」の連発!遠くの苗場山や奥志賀高原の山々、さらに遠くには北アルプスが一望できるんだ。こんなすごい景色見たことないよ!
f0180878_19185957.jpg

Jバンドを登ってちょっといくと鋸岳といわれる浅間連山の一番端に立つことが出来るんだ。切り立った岩場で浅間山を間近に望むことができるんだ。そして嬬恋方面を見渡すと足元に小さくしゃくなげ園が見えるんだ。去年浅間高原の兄ちゃんたちと登ったしゃくなげ園のこまくさ畑も眼下に小さく見えるんだよ。
f0180878_1920090.jpg

f0180878_19204788.jpg

f0180878_1921396.jpg

f0180878_19224591.jpg

ここからは黒斑山の山頂を目指して尾根伝いを縦走するんだ。右に嬬恋の大パノラマ。後ろには山頂の釜までみえる迫力ある浅間山。左には湯の平といわれる草原。その奥には小諸や軽井沢の町が小さく見えるんだ。

岩山をいくつも超えて時折砂地や急な崖を越えて歩いていくんだ。真っ青な空はどこまでも続いて雲がすぐ真横に浮かんでいる様は圧巻。標高2319mの仙人岳、2366mの蛇骨岳を登って標高2404mの黒斑山を目指すんだ。
仙人岳、蛇骨岳の山頂は切り立った岩がそびえたっていて遠くの景色が良く見えるんだ。突然、湯の平に流れ落ちたと思われる砂地の崩落が現われ、足を滑らせたらどこまでも落ちていくような場所なんだ。兄ちゃんたちも慎重に歩をすすめたんだ。
f0180878_19232537.jpg

f0180878_1924412.jpg

f0180878_19243439.jpg

f0180878_19251620.jpg

蛇骨岳から先は、カラマツやシラビソの茂る森の中を行くんだ。まだ溶けていない雪に足を取られながら、やっとの思いで黒斑山山頂に到着!やったね!
ここから見える浅間山は釜から噴煙がでている様子がすっごくリアルで、浅間山の火山の景色がもっともわかる場所なんだ。足元は切り立った断崖絶壁で見下ろすと足元がすくむんだ。
ここでしばし休憩。いままで通ってきた道程を上から眺めながら、よくこんなところまで登ってきたもんだと、兄ちゃんたち遠くを見ながらしばらく感慨にふけってたんだ。
f0180878_1926334.jpg

f0180878_1927749.jpg


最高の景色を楽しませてくれた浅間山に感謝!そして浅間山の火山や植物、動物のことをいっぱい教えてくれた、嬬恋村インタープリター会の大島夫妻、西井さん、本当にありがとうございました。
浅間高原の兄ちゃんたちも楽しそう。山にはまった兄ちゃんもいたし、これからも沢山の山を登ろうぜぃ!
[PR]
by asamakougen | 2009-05-29 22:07 | 浅間高原の四季

ねぇテンダー今日はどこにいく?

こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。

軽井沢おもちゃ王国の人気者 おもちゃの兵隊のテンダーとは大の仲良し!
この前は浅間高原しゃくなげ園にいって満開のしゃくなげを満喫したんだ。

ねぇテンダー今日はどこに行く?

浅間高原が一望できる愛妻の丘に行こうよ!

f0180878_2282167.jpg

f0180878_2285946.jpg

f0180878_2293731.jpg

ぼくとテンダーは愛妻の丘に向かったんだ。
愛妻の丘は愛妻家の聖地として活動している嬬恋村が去年作った名所なんだ。嬬恋村の云われとなった《我が妻恋し村》から愛妻家の聖地として現在さまざまな活動をしているんだよ。

愛妻の丘からは浅間高原、田代湖、浅間山、四阿山が一望できるんだ。景色もよくて愛妻家のイベント『キャベツ畑の中心で妻に愛をさけぶ(通称キャベチュー)』のときなんかは、全国から沢山の愛妻家が集まって愛を叫ぶんだ!感動、爽快、笑顔につつまれるあったかいイベントなんだ。

ねぇテンダーはなんて叫んだの?
f0180878_22101843.jpg

f0180878_2211077.jpg
f0180878_22113095.jpg

[PR]
by asamakougen | 2009-05-24 22:12 | 浅間高原の四季

浅間 黒斑山に登っちまった! Part2

※※※このひとつ下の記事にPart1があります。※※※

こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。
ついに!念願の浅間山・黒斑山に登ったんだよ!浅間高原の兄ちゃんたちと一緒に、嬬恋村インタープリター会のベテランガイドさん達に案内されて登ることができたんだ。

岩山の断崖絶壁「トーミの頭」から急斜面の「草すべり」をジグザグに下って「かもしか平」を目指すんだ。標高差300mを一気に下るんだよ。足を滑らせるとどこまでも転げ落ちちゃいそうで慎重に歩いていったんだ。
f0180878_2126179.jpg

f0180878_21272055.jpg

f0180878_21281167.jpg

f0180878_2129131.jpg

f0180878_21294689.jpg

かもしか平は浅間山と黒斑山にはさまれた平地。草むらとカラマツが生えている不思議な場所なんだ。山小屋やトイレもあり絶好の休憩場所なんだよ。ちょっとここで小休憩。水分補給と、下りで疲れた足をストレッチ。
f0180878_2131231.jpg

かもしか平を後にしてJバンドに向かうため林の中へ。途中、浅間山の山頂に向かう分岐点「賽の河原分岐点」があったんだけど、火山レベル2、半径2㎞以内立ち入り禁止のために通行止。入っちゃだめだよ!

背の低い木々が連なる林を抜けると、今度は砂利の平地にでたんだ。ここには2004年に浅間山が噴火したときに出来たと思われる噴石のクレーターや大きな噴石がごろごろしているんだ。火口から飛んできた噴石が地面に落ちて大きなクレーターを造って粉砕されたといわれているんだ。年月が経っていないと思われる大きな岩もあって、兄ちゃんたち火山のパワーを目の当たりにしたんだ。右手に浅間山、左手に黒斑山を眺めながら平らな道を進むんだよ。
f0180878_21321011.jpg

f0180878_21324114.jpg

f0180878_21331684.jpg

f0180878_21344084.jpg

ここは浅間山と黒斑山の間で風が通り抜ける場所らしく、すごく強い風が吹いていたんだ。こんな強い風に吹き晒されていると、厳しい山の自然を感じるね。徐々に噴煙の匂いも強くなってきたんだ。この厳しい環境の中で、植物なんて育たないのかと思いきや、足元には小さなミネズオウの花が咲き始めていたんだ。自然の生命力はすごいね。

「はい。ここを登ります。」とガイドの大島さん。「この岩山登るんですか!?道がないんですけど!」ほぼ垂直に切り立つ岩山を前に兄ちゃんたち後ずさり。意を決してJバンドといわれる急な岩山を登り始めたんだ。
f0180878_2134689.jpg

下を見ては「怖えー!怖えー!」の連呼。情けないねぇ兄ちゃんたち。早く登ってよ!
岩山にしがみつくように登って頂上の岩の隙間から顔を出したんだ。

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

間の前に広がる嬬恋の大パノラマ。植え付けが始まったキャベツ畑や小さな山々。嬬恋高原の先には表万座、四阿山。その先には苗場山や志賀高原の山々。
鋸岳の頂上に上がると北軽井沢、嬬恋村が一望できるんだ。ぼくの棲む森も見えるかな?
f0180878_21353519.jpg


浅間高原の兄ちゃんたちテンション最高潮!携帯電話から電話して「今山頂にいるんだけど見える?」って見えるわけねぇーだろ!あまりの景色のよさにおかしくなっちゃったんだ。
ここでお昼休憩。最高の天気と景色の中で食べるお弁当って、なんて美味しいんだろうね!みんな思い思いに景色を堪能していたんだ。
f0180878_21405429.jpg

f0180878_21412858.jpg

f0180878_21454721.jpg

f0180878_21424730.jpg

ここからは絶景を眺めながら尾根伝いを縦走。鋸岳、仙人岳、蛇骨岳を通り黒斑山へ向かうんだよ。
つづく。
[PR]
by asamakougen | 2009-05-23 22:30 | 浅間高原の四季

浅間 黒斑山に登っちまった! Part1

こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。
ついに!念願の浅間山・黒斑山に登ったんだよ!浅間高原の兄ちゃんたちと一緒に、嬬恋村インタープリター会のベテランガイドさん達に案内されて登ることができたんだ。
でもね、現在の浅間山の火山レベルは2、半径2㎞以内には立ち入りが出来ないんだ。浅間山の山頂の前掛山までは今回はお預け。外輪山の黒斑山を目指して登ったんだ。

今回のコースは車坂峠から『トーミの頭』―『草すべり』―『かもしか平』―『Jバンド』を登って黒斑山を目指すルート。
f0180878_15374394.jpg

集合は車坂峠。絶好の天気の中、期待と不安のなか言葉少なげな兄ちゃんたち。本当にだいじょうぶかなぁ?
車坂峠には高峰高原ビジターセンターがあって、きれいなトイレやレストラン、研修センターもあり設備充実!ここをスタート地点としていざ出発!
f0180878_15384215.jpg

f0180878_15392299.jpg

まずは準備運動から。ここでしっかり身体をストレッチしとかなきゃ。足痛めないようにね。千住さん。
それにしても天気が良くて気持ちいいね!楽しみだね!

インタープリターのベテランガイド 登山家の大島さんから浅間山周辺の木々や自然についてレクチャー。山野草や木々について教えてもらったんだ。途中シラビソの樹液の匂いを嗅がせてくれたんだ。フェトンチットといって木々のだす匂いにリラックス効果があり、治療やリラクゼーションとして利用されているとのこと。浅間高原の兄ちゃんたちも匂いを嗅いで大喜び。「う~ん癒されるね~。あ゛~ずっと嗅いでいたい!」ストレス溜まってますねぇ。
f0180878_15443518.jpg

途中、富士山や八ヶ岳、南アルプスの山々を眺めながら、背後には高峰、水ノ塔。早くも絶好の景色が広がってるんだ。
f0180878_15492610.jpg

5月の下旬だけどこのあたりは春まっさかり。芽吹きはじめた木々や、わずかに咲いている山野草。浅間高原では満開のしゃくなげも、やっとつぼみが出てきたところなんだ。

白樺、カラマツ、シラビソの森の中を抜けると、突然、雄大な浅間山の姿が目の前にいっぱい広がるんだ!
おおぉ!でっけー!雄大な浅間山を目の前に早くも感動!眼下には小諸の町並みが!あんなにちっちゃく見えるんだ。
浅間高原の兄ちゃんたちも大興奮&大喜び!来てよかったねぇ。
興奮冷めやらぬぼくたちの目の前をカモシカが横切ったんだ!ここは大自然の中なんだと改めて実感。
f0180878_15502427.jpg

f0180878_155054100.jpg


次の目指すポイントはトーミの頭。切り立った急斜面の岩場を登っていくんだ。
真っ青な空を目指すと20分ほどでトーミの頭に到着。ここは断崖絶壁の頂上。浅間山の噴火と風化でできた岩の塊。足元のすぐ下は落差200m以上の断崖。「すげー!怖えー!下が見えない!」恐る恐る崖の下を覗き込む兄ちゃんたち。ぼくも見たい!「・・・やめとけばよかった。」
目の前にはまっ黒な山肌をたたえた浅間山。わずかに昇る噴煙が活火山であることを物語る。下のほうには点々としたカラマツと草むらが広がり、周辺には火山と風でできた切り立った岩肌の山々。遠くに広がる小諸や御東の町並み。紅葉の時期もすばらしいよ。とインタープリターの西井さん。
兄ちゃんたち、すごいねぇ!すごいねぇ!を連発。
f0180878_15515845.jpg

f0180878_15523981.jpg

f0180878_15533445.jpg


「それじゃこれからここを下りましょう!」とガイドの大島さん。遥か下に広がる点々とカラマツが広がる草原、傾斜70度以上、標高差250m。どんなに目をこらしてみても登山道らしき道は見当たらない。「本当にここ下るんですか!?」       つづく。
[PR]
by asamakougen | 2009-05-22 22:30 | 浅間高原の四季

テンダーとしゃくなげ園★

こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。

今日は浅間高原にある軽井沢おもちゃ王国にいる、ぼくの友達おもちゃの兵隊のテンダーと浅間高原しゃくなげ園にいったんだ。
彼はとってもやさしくって、浅間高原の自然や花が大好きなんだ!
しゃくなげ園で一緒にしゃくなげを見て楽しんだんだよ!

浅間高原のしゃくなげ園はいまが見ごろで、沢山のお客さんが見にきていたんだ。そんななかでテンダーは人気者!小さいお子さんからおばあちゃんまで沢山の人に囲まれて楽しそうだったんだ。
これからもおもちゃ王国の仲間のテンダーやブレイブたちと嬬恋や軽井沢の自然を見てまわるんだ!
f0180878_198569.jpg
f0180878_19836100.jpg
f0180878_199438.jpg
f0180878_199299.jpg

[PR]
by asamakougen | 2009-05-20 19:10 | 浅間高原の四季

5月15日浅間高原しゃくなげ園オープン☆

こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。

15万株のしゃくなげが咲く浅間高原しゃくなげ園が本日オープンしたんだ!

オープン初日にもかかわらずたくさんの方に来ていただきました。ありがとうございます!

風もなく暖かい日で絶好のしゃくなげ鑑賞日和。今年の花の付きは最高で今日も沢山のしゃくなげが元気いっぱい花を咲かせていたんだ。

これからしばらくのあいだしゃくなげのレポートをお送りします!
f0180878_1328868.jpg

f0180878_13391843.jpg

f0180878_13291819.jpg
f0180878_13294468.jpg
f0180878_13303559.jpg
f0180878_1331295.jpg
f0180878_13312769.jpg
f0180878_13315254.jpg
f0180878_13321278.jpg


たらの木 芽が… _| ̄|○
[PR]
by asamakougen | 2009-05-16 10:10 | 浅間高原の四季

浅間高原しゃくなげ園 いよいよオープン!

f0180878_20371515.jpg


こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。

今日は5月15日にオープンする『浅間高原しゃくなげ園』の準備をしたんだ。

浅間高原のボランティアさんが総勢20名以上!みんな浅間高原のしゃくなげ園に誇りを持っていて、沢山のお客さんに見て欲しいと思ってるんだ。
f0180878_20383213.jpg

f0180878_2039731.jpg
テントを張ったり、簡易トイレの準備をしたり、駐車場の整備や歩道の整備をしたんだ。午前中は雨が降っていたけど午後から晴れて、青空がすっごくきもちいい天気になったんだ。カラマツの萌える新緑と、しゃくなげの淡いピンクの花と、眼下に広がる雄大な浅間高原のパノラマが最高の景色をつくっていたんだよ!

例年より少し暖かく、浅間高原しゃくなげ園の下のほうは満開!山の中腹ぐらいは5~7分咲き程度。今週末から来週にかけて見ごろを迎えるんだ。浅間高原の兄ちゃんたちが言うには、今年のしゃくなげはここ数年で一番いいできなんだって。毎年たくさんのボランティアさんや嬬恋村役場の方、アララギ園の方が、整備や花の管理を行って、苦労して育てたしゃくなげが元気いっぱいに花を咲かせるんだ。

しゃくなげ園は縦に長く5月中旬から8月頃まで、しゃくなげはもちろんレンゲツツジやヤナギラン、コマクサやいろいろな山野草が楽しめるんだよ。ちょっとしたトレッキングルートになっていて、間近に迫る浅間山やどこまでも広がる浅間高原の景色が堪能できるすばらしい場所なんだ。

5月15日(金)~5月31日(日)まで開催しているよ。
浅間高原しゃくなげ園に遊びにきてね!

f0180878_2040068.jpg
f0180878_20403041.jpg
f0180878_2041663.jpg
f0180878_20413558.jpg

[PR]
by asamakougen | 2009-05-13 20:47 | 浅間高原の四季

初夏の浅間高原

こんにちは!ぼくは浅間高原の棲むキツネの颯(そう)。

ゴールデンウィークも終わり、にぎやかだった浅間高原は、またいつもの静かな森に戻ったんだ。
今日の気温は23℃!この時期の浅間高原にしてはすっごく暑い日なんだ。

気温が高いので木々の新緑は一気にすすみ、白樺やナラの木、ハンの木など森の中の木々がいっせいに芽吹きだしたんだ。
ついこの前まで寒くて冬の景色だったのに、日に日に色鮮やかになっていくんだ。

小鳥たちも越冬を終えて次々に浅間高原に戻ってきたんだ。
暖かくおだやかな日は1日中小鳥たちがさえずっているんだよ。

新緑の浅間高原今が見ごろだね!
f0180878_1455317.jpg
f0180878_14555915.jpg

[PR]
by asamakougen | 2009-05-09 14:57 | 浅間高原の四季

浅間高原のしゃくなげ

こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。

浅間高原のしゃくなげはこれからが見ごろを迎えるんだ。
しゃくなげの花は淡いピンク色の花がたくさん集まって大きな花をつけるんだ。
浅間高原には日本で最大級の浅間高原しゃくなげ園もあったりして、そこらじゅうにしゃくなげの花が咲いているんだよ。しゃくなげだけではなくこれからは花や木々の本格的な季節になってくるんだ。
15万株のしゃくなげが咲く『浅間高原しゃくなげ園』は5月15日より開園するよ!
楽しみだね♡

f0180878_15594422.jpg
f0180878_160920.jpg
f0180878_1603728.jpg
f0180878_1611377.jpg
f0180878_1613672.jpg
f0180878_162474.jpg

[PR]
by asamakougen | 2009-05-06 16:03 | 浅間高原の四季

GW突入!

こんにちは!ぼくは浅間高原に棲むキツネの颯(そう)。
浅間高原ではあたたかな日が続いて、木々の新緑がまぶしい季節になったんだ。

毎年ゴールデンウイークの時期になると浅間高原は車や人でいっぱい☆
浅間高原の兄ちゃんが言うには、高速道路も通常の1.5倍の車が通っていつもより渋滞がすごいみたい!
たくさんの人に浅間高原に来てもらえるのはうれしいけど、中にはマナーの悪い人もいて、ゴミを散らかす人や夜遅くまで騒いでいる人もいるんだ。

浅間高原やお隣の軽井沢町の観光地はたくさんの人でにぎわってたんだけど、この辺りにはだれも来ないような自然がたっぷりとあるんだよ。そこはゴールデンウイークも関係なしで、いつもひっそりとしていて、人がたくさん来る時期にはここに逃げ込むんだ。
f0180878_15541730.jpg
f0180878_1554479.jpg

[PR]
by asamakougen | 2009-05-03 15:46 | 浅間高原の四季