嬬恋・浅間高原ウインターフェスティバル

アイスキャンドル

f0180878_12484169.jpg
こんにちは!ぼくキツネの颯(そう)。ぼくの住んでいる浅間高原で冬に開かれるイベント『浅間高原ウインターフェスティバル』の様子を紹介します!

浅間高原ウインターフェスティバルは『浅間高原の冬の遊び、楽しみを提案』をコンセプトに雪や氷を使ったオブジェや建物、雪を使った遊びを提案するイベント。ぼくを仲間に入れてくれた人間の兄ちゃんたちが中心になって開催されているんだ。『見る』だけじゃなく『参加する』イベントなのが特徴なんだって。
今日はその中のひとつアイスキャンドルを見て欲しいんだ。

アイスキャンドルとは氷で作った入れ物にキャンドルを灯すんだけど、夜になると2000個のアイスキャンドルが会場のいたるところで点灯されるんだ。アイスキャンドルは地元の人間たちが家でつくってきたものをイベント会場に設置して、みんなでキャンドルに点灯するんだ。ぼくもたくさん作ったよ!

作り方はバケツに水を入れて日のあたらないところに1日~2日置いておくんだ。1月の浅間高原は夜から明け方にかけて氷点下10~15度まで冷えるんだ。キツネのぼくはへっちゃらだけど人間たちは寒い寒いなんていってるけどね。
バケツの水は周りから徐々に凍ってきて最後に中心のところが凍るんだけど、中心が凍るちょっと前にバケツ逆さにして中の氷を取り出すんだ。バケツで作った氷の上の部分をハンマーで軽くたたいて中の水を抜くと大きな氷の器の出来上がり!その中にキャンドルをいれて火を灯すと幻想的なアイスキャンドルができるんだ。

当日イベント会場に設置するアイスキャンドルは、地元の方が持ってきてくれたものとウインターフェスティバルのスタッフが作ったものを点灯させるんだよ。夕暮れ時、2000個のアイスキャンドルが会場を灯して浅間山をバックに浅間高原の雪の中に浮かび上がる姿は感動もの。これだけでも長い期間会場作りをやってよかったなって思っちゃった。
f0180878_1045580.jpg

バケツに水をはってアイスキャンドルをつくっています
[PR]
# by asamakougen | 2008-09-07 10:06 | 2009ウインターフェスティバル

浅間高原ウインターフェスティバル

f0180878_91749.jpg
f0180878_9143545.jpg
こんにちは!ぼくキツネの颯(そう)。浅間高原は短い夏が終わって秋の気配があたりを覆うんだ。みんなは夏と秋の境目って感じたことある?ここ浅間高原では夏の終わりには『今日から秋です』って突然に気配が変わるんだ。人間たちはお盆ってよんでるんだけど、お盆の終わりに必ず『今日から秋です』がやってくるんだ。秋が来ると木々は黄色やオレンジに色づきはじめ、晴れた日には薄くて小さい雲が天高く浮かんで、セミやカブトムシがいっせいにいなくなって、代わりに赤とんぼやオニヤンマが飛び始める。
『今日から秋です』が来るとぼくたちは長い冬の支度を始めるんだ。そしてぼくの大好きな冬がやってくるんだ!

人間の兄ちゃんたちによると浅間高原の冬はなぁんにもないところなんだって。
うん、たしかに夏は人間たちがいっぱいいるんだけど冬はすごく少ない。おっかない人間たちがいなくてぼくたちには都合がいいんだけれど。
兄ちゃんたちはもっとたくさんの人に浅間高原の良さを知ってもらいたいんだって。そこで『浅間高原ウインターフェスティバル』を始めることにしたんだってさ。
氷や雪で作ったお家、雪山からすべり下りるスノーチュービング、熱気球やスノーラフティング、犬ぞり体験もあって人間たち大喜びのイベントだったんだ!

ぼくも雪で作ったお家、そうそうイグルーやかまくらっていったっけ、作るのを手伝ったんだよ!兄ちゃんたちと朝から夜遅くまで一生懸命作ったんだ。重い雪のブロックを積み上げるのは兄ちゃんたちの仕事。ぼくは積んだブロックとブロックの間にシャーベットを塗って固めていくのがぼくの仕事だったんだ。寒くて大変だったけど、フェスティバルの当日、人間の大人や子供たちが喜んでいるのを見てなんだかあったかい気持ちになったんだ。今年もぼくの大好きな浅間高原ウインターフェスティバルが開催されるんだ!それまでぼくの日記で去年フェスティバルの様子や浅間高原の自然を楽しんでください!
[PR]
# by asamakougen | 2008-09-06 09:17 | 2009ウインターフェスティバル

はじめまして!

f0180878_1659378.jpg
こんにちは!ぼくキツネの颯(そう)。ぼくの住んでいる浅間高原は春、夏、秋、冬とそれぞれの表情をもった季節があって、四季ごとにちがう景色や植物、空気の匂い、自然に生きる仲間たちがいるんだ。

そのなかでも冬はぼくの大好きな季節。みんなは冬は寒くて、食べ物も少なくていやだと言うんだけれど、ぼくは冬が大好き。冬の浅間高原はあたり一面銀世界。晴れた日には青空はどこまでも続いて、ここちよい太陽の日差しをいっぱい受けて雪の上を駆け回るんだ。それと冬にはぼくの苦手なおっかない人間たちも少ないしね。
人間たちはその季節ごとにイベントっていうのをやるんだ。その中でぼくが大好きなイベントが冬に開催されるんだ。

去年の冬から浅間高原の人間たちが始めたイベント『浅間高原ウインターフェスティバル』。最初は雪の山やブロックを重ねてなにやってるんだろって感じで遠くから見ていたんだ。そのうちだんだんと雪でつくった家、人間たちは『かまくら』『イグルー』って呼んでたな、雪の滑り台、雪でつくった建物なんかできてきて、なんだか楽しそうで、僕気がついたら作業をしている人間たちのところまで思わず走って行っちゃった。やばい、捕まる!って思ったんだけど、その人間たちぼくを仲間に入れてくれたんだ!今じゃ兄ちゃんたちって呼んでるんだけど、ぼくをすごくかわいがってくれて、ぼく一緒に浅間高原ウインターフェスティバルの準備作業も手伝っちゃった。

このブログでは浅間高原ウインターフェスティバルの様子、浅間高原の大自然そしてぼくたちの仲間を紹介するよ。ぼくの大好きな浅間高原の自然をもっと良く知ってもらえたらうれしいな!
f0180878_1705876.jpg

[PR]
# by asamakougen | 2008-09-03 17:07 | 2009ウインターフェスティバル